今すぐお電話→TEL.075-708-6146
〒605-0813 京都市東山区轆轤町86-8

 うつ病とからだの痛みでお悩みのあなたへ



はじめまして。
【心とからだのバランスヘルパー】整体・操体 あかとき庵の小松です。

もしあなたが、

  • うつ病で薬を飲み続けているけど、なかなか根本的によくならない
  • うつ病で、首、肩が重く痛み、頭痛もする
  • うつ病で、不安や怒りで夜も眠れない
  • うつ病でからだが痛み、お腹の調子もわるい
  • 家族や友人、職場の人間関係のストレスで、心もからだもつらい
  • 長年引きずっている許せないことがあり、その感情で悩んでいる

以上のどれか一つでも当てはまっているとしたら、
このままページをお読みください。


     

京都 整体・操体 あかとき庵 小松 広明

うつ病は、マイナスな感情による気分の落ち込み、やる気や
関心がなくなる、意欲の低下、不眠、あせり、食欲不振や過食、痛みなどの症状がでる精神疾患の一つです。

現在、日本でうつ病になっている人は、わかっているだけで
100万人を超えているといわれています。

しかしこれはほんの一部の数字で、把握できていないうつ病患者の数は、さらに100万人を超えているのだそうです。

あかとき庵には、開業当初からうつ病やパニック障害で悩んでいる人が
多数施術を受けにいらっしゃっています。

 なぜうつになるのか、原因がはっきりわかっていない


なぜうつ病になるのか、それは現代医学でもはっきりと特定できていません。

医学的なことでよくいわれているのは、脳内の神経伝達物質「セロトニン」
「ノルアドレナリン」
の減少により、脳の働きがわるくなっているという説です。

「セロトニン」、「ノルアドレナリン」は痛みと関係していて、これらの物質が
機能しない場合、とても強く痛みを感じることが多いといわれています。

実際にうつ病患者の約6割が、からだのどこかに「痛み」の症状があるという
調査結果が出ています。

     

 うつ病とからだの痛み

     


うつ病にともなう痛みの箇所は人によってちがいます。
頭痛、首、肩、背中、腰、胃腸などの消化器、からだ全体のだるさと痛みなど、
人それぞれです。

痛みの他にも、耳鳴りや耳づまり、めまい、下痢や便秘、吐き気、目の疲れなど、
さまざまな症状がからだに出ます。

そして痛みは、

  • 子どもの頃に受けたトラウマ
  • 家族間や、友人、職場などでの人間関係によるストレス
  • 精神的な葛藤

など、抑圧された感情があると出てきます。

あかとき庵ではこの「感情」と「からだ」との関係を大事にしています。

そして独自のカウンセリング方法と整体技術で、心とからだの両面から
うつ病とからだの痛みを改善していくお手伝いをしています。

  

 うつ病の遠藤さん(仮名)の症例


遠藤さんは京都出身で、仕事の関係で九州でサラリーマンをしています。

3年前から実家の事情で、休日の週末は九州から京都に帰らなければいけない
ようになりました。

それがストレスとなり、3年前からうつ病になり心療内科にかようことに
なりました。

精神安定剤を服用し、少しは楽になるものの、うつの症状は改善せず。

営業先に行くと吐き気がしたり、頭痛や首肩の痛み、人を殺す夢をみるようになる
など、精神的にも身体的にもまいっていました。

そこで会社に申し出て、回復するまで休職することに。
実家へもどり、京都で療養することになりました。

遠藤さん、あかとき庵へ 初回の施術

実家にもどり、心療内科にかよっていた遠藤さんですが、右の首から肩にかけて
強い痛みが出て、右にふりむけないようになってしまいました。

そこで、整形外科に行ったもののよくならず・・・。

ならばと整体を探し、試しに行ってみたものの自分には合わず・・・。

そして次に訪れたのがあかとき庵でした。

初回時の症状は、うつ病、右の首から肩にかけての痛み、頭痛と吐き気、下痢、
右手のしびれ、右手に力が入らない、とたくさん症状を抱えていました。

遠藤さんは営業のお仕事をしているからか、うつの人とは思えないぐらいはきはきと自分の症状について話していました。

ただ気になったのは目つき。

ぱっと見るとわからないのですが、よく観察するとかなり険しい。

カウンセリングを進めていくと、

「わたしは父親のことが許せない。 
 父親は母親に対してもあたりが強く、子どもの頃から嫌だった。 
 あと、子どもの頃に受けた虐待を今でも引きずっている。」

などなど、親子の間の問題が出てきました。

そこで初回は、心とからだの両面からのアプローチで、心身のストレスを軽減する
方法で施術しました。

すると回らなかった首がスイスイ回るようになり、右手のしびれが消失。

最後に自分で心のストレスをリセットできるセルフケアの方法をご紹介して
この日は終了しました。

     

2回目のセッション

初回の施術から1週間後、遠藤さんは2回目の施術を受けに来られました。

経過をうかがうと、

  • 首がまわりやすいのが続いている
  • 人を殺す夢を見なくなった

などなど、心とからだの変化を実感していただいたようで、いきいきと経過を
話してくださいました。
また、この日は主に耳のつまりが気になるとのことでした。

そこで1回目とは少しちがった心とからだの両面からのアプローチをし、新しい
セルフケアをおぼえてもらい終了しました。

気になっていた目つきもやさしくなっていて、このまま順調にいくかなと一安心していたのですが、次の3回目で大きな山場を迎えることに・・・。

わたしがうつ病になったのは親が原因だと思っていました。だけど本当は・・・。

    

3回目のセッションの日、遠藤さんは怒っていました。

その理由は、親が自分の誕生日をおぼえていなかったからだとのこと。

3年前から家の事情で九州からたびたび京都に戻っていた遠藤さんは、両親に
かわって色々な手続きをして、身をけづる思いをしていました。

「なのに両親は自分の誕生日をおぼえていないなんて・・・。
 俺のことを何だと思っているんだ!!」

と、怒りがこみあげてきたのだそうです。

そのせいか、右耳に水が入っているような感じがあり、首にも痛みがあります。
からだもこわばり、関節の動きがかたくなっていました。

遠藤さん場合、うつ病の原因になっているのはご両親との問題だろうと
初回のカウンセリングで予想していました。

この問題が解決できない限り、うつの症状が解決できないと思ったわたしは、
「よし、あれをやろう」と、
ある強力な方法をやることを決めました。

そのある方法とは、アメリカのバイロン・ケイティさんが考案した「ザ・ワーク」と
いう、質問形式ですすめていく心理カウンセリングです。

ザ・ワークは、心の対話をとおして、ストレスの原因となっている思いこみを
自覚し、思考のゆがみを整理していくすばらしい方法です。

     

4つの質問

ではこれから、遠藤さんにした「ザ・ワーク」のセッションを書いていきます。

わたし
「ではこれから、ザ・ワークという質問形式のカウンセリングをしていきます。
あらかじめ申し上げておきますが、これは遠藤さんを責める質問ではありません。  心の対話を進めて行くヒントとなる質問なので、ご了承くださいね」

遠藤さん
「はい。わかりました」

わたし
「それでははじめましょう。遠藤さんはなぜうつ病になったと思いますか?」

遠藤さん
「それは親のせいです」

わたし
「それは本当ですか?」

遠藤さん
「はい。本当です!!」

わたし
「わかりました。では『自分がうつ病になった原因は親のせいだ』ということが
絶対に本当だと言い切れますか?」

わたし
「う〜ん・・・。そうですねェ・・・(しばらく沈黙)。今までは親が原因だと
思っていましたが、絶対にと言われたら、そうとも言い切れませんね・・・」

わたし
「そうですか。では、『自分がうつ病になった原因は親のせいだ』と思っている
とき、遠藤さんはどんな気持ちになっていますか?」

遠藤さん
「それは不快です。身体も気持ちわるくなってきます」

わたし
「ではもしその考えがこの先なければ、どんな自分を想像できますか」

遠藤さん
「う〜ん。楽になって解放されるでしょうね」

わたし
「なるほど。わかりました。では今度は少し文体を変えて質問をしていきますね。
『自分がうつ病になった原因は親のせいではない』。これは本当ですか?」

遠藤さん
「え!?う〜ん。それは・・・。本当かもしれませんね」

わたし
「では絶対に本当と言いきれますか?」

遠藤さん
「・・・・・・。それも絶対とは言い切れませんね(笑)」

わたし
「では、今度は『自分がうつ病になった原因は親のせいではない』と思うとき、
どんな気持ちになりますか?」

遠藤さん
「それは今まで考えたことがないですね(笑)う〜ん。何でしょう。楽なようだけど、 何かさみしい感じがしますね(笑)」

わたし
「なるほど、さみしい感じですか(笑)では『自分がうつ病になった原因は親の
せいではない』
という考えがこの先なくなったら、どんな自分を想像しますか?」

遠藤さん
「う〜ん・・・。これもこれで何かさみしい感じがしますね(笑)」

わたし
「ところで遠藤さん、いま耳のつまりと首の痛みはどんな感じですか?」

遠藤さん
「うん?アレ!? 何ともないですね!!」

わたし
「OKです。 では少しからだをねじったり、横に曲げてみてください。からだの動きの感じはいかがですか?」

遠藤さん
「お、お、お、。あれ、動かしやすいですね!!」

このとき、すでに遠藤さんの心の変化を感じたわたしは、ザ・ワークのセッションを
中断しました。
続けようと思ったらさらに質問内容を変えて続けられたのですが、もうその必要は
ないと思ったのです。

つまり、遠藤さんは長い間抱えていた
『自分がうつ病になった原因は親のせいだ』
という自分でつくったストーリーから解放されたと感じたのです。

するとどうでしょう。
検査をすると、からだの症状が楽になっているではありませんか。

「心とからだ」という文句はよく聞きますが、なかなか実感できる体験も
少なく、体験できる場もほとんどないのが現状です。
しかしあかとき庵では、それぞれの人にあった方法で、その場で実感できる
ようにしています。

ザ・ワークが一段落したあとは、細かいからだの部位を整体して、3回目の施術は
終了しました。

遠藤さんのその後

3回目の施術から10日後の4回目のとき、遠藤さんに経過をうかがうと、

  • 気持ちが開き直ってきて、友達と会ったり、新喜劇を観に行ったりと、
    積極的に行動できるようになってきた
  • 薬をへらしても平気になってきた
  • 首と肩の痛み、頭痛、腕のしびれ、下痢が改善した
  • 家族との関係がよくなってきた

など、嬉しい報告をしてくださりました。

『自分がうつ病になった原因は親のせいだ』という考えが日が経つにつれて
氷解し、ずいぶんと楽になったようです。
表情も初回時と比べると、とても明るくなっていました。

4回目以降、遠藤さんはからだのメンテナンスに定期的にかよっています。

    

 うつ病の改善は、心とからだの両面からのケアが大事

     


うつ病の治療は一般的に薬で症状を抑えるのが一番多いです。     

しかし、あなたはそのやり方に本当に満足していますか?

わたしは症状の原因となっている本当の感情が解決されない限り、根本的な
改善はむずかしいと思っています。

実際、つらくなってきたら薬を飲む、それをず〜っと繰り返している人がどれだけ
多いことでしょうか・・・。

また身体面の症状が楽になったとしても、問題になっている感情が解決されない
限り、また症状がでてきます。

つまり、心とからだの両面からのアプローチが最も効果的で、根本的な解決に
つながると思っています。

だけどその方法に手ごたえを感じるまで、いろいろと試行錯誤しました。

開業したばかりの頃は、心とからだはつながっているのだから、からだが楽に
なれば心の問題も解決するだろうと思いこんでいました。
だけど、そんなに単純なものではありません。

だからいろいろな心理ワークを勉強しましたし、今でも継続中です。 

遠藤さんの症例では、「ザ・ワーク」と「整体」を組み合わせたセッションを
ご紹介しましたが、これは数ある引き出しの中のごく一部です。

あなたに最も合ったやり方を選んで、うつの改善につながるお手伝いを
いたします。

もしあなたが、今の状況から少しでも早く変わりたいと強く思っているので
あれば、今すぐご相談ください。
 

あなたの小さな一つの行動が、大きな変化につながっていきます。    

それでは最後に、遠藤さんからいただいた整体体験談と、うつ病で授業に出られなかった、中学生の整体体験談をお読みください。

「他の治療院も数十軒と行きましたが・・・」
遠藤 満様(仮名) 30代 男性 京都市山科区
主訴: うつ病 頭痛 首の痛み 右手のしびれ

京都 整体 うつ病 頭痛 首の痛み 右手のしびれ

最初は半信半疑で伺いましたが、「効果がなければ料金は頂きません!」
HPに記載されていたので自信を感じました。

前回カウンセリングで話を聞いて頂いてからの施術なので、リラックスして受ける
ことが出来ました。

現在週1回ペースで伺ってますが、毎回実感することが出来る効果を身を持って
感じております。

他治療院も数十軒と行きましたが、雰囲気もよく、とても気分よく施術して
下さる所長さん(イケメン)に感謝しております!!


「何カ月も投薬を続けていたのですが・・・」
溝口 すず様(仮名) 中学3年生 女性 京都市北区
主訴: 中学生のうつ病 頭痛 肩こり

京都 整体 中学生のうつ病 頭痛 肩こり

うつになり、ストレスから来る頭痛がひどく、以前通っていた整体の変化があまり
感じられず、こちらに来院させて頂きました。

体全体がガチガチでしたが、一回の施術で今までに無いくらい肩が楽になり
ました。

何回か通うにつれ頭痛もへり、メンタルも少しずつ回復しました。
何カ月も投薬を続けていたのですが、まさか整体でここまで気持ちも楽に
なれるとは考えてもいませんでした。

また、頭や顔をいじっていたのに、肩や腰が楽になるのが不思議で、通うことが
楽しくなりました。

今ではネガティブになったり、頭痛がおこる回数が減りました。

学校に通えるようになり、今後も色々ストレスがたまる事が多々あると思うので
よろしくお願いします。


 施術料金


 初回時  初回カウンセリング料:1,000円+施術料6,500円
 2回目以降  6,500円(メンテナンス会員5,500円)
    

初回保証制度
あかとき庵は、技術と対応に自信があります。
ですので、初回の方限定で、返金保証制度をもうけています。
万が一、
「からだに全く変化を感じられない」、
「対応に誠意や信頼感がない」

とお感じになられた場合、料金はいただきません。
どうぞその場で返金をお申し出ください。
どうぞご安心して、お問い合わせくださいませ。
あなたの小さな第一歩をお待ちしています。

     

 完全予約制


整体・操体 あかとき庵は完全予約制です。当日予約も受け付けております。
ご予約いただいたお客様を大切にしておりますので、突然来院されましても
ご案内できません。
必ず、ご予約いただいた上でご来院ください。

 ご予約は今すぐ!   TEL075-708-6146
    受付時間 9:30〜17:30(月〜土)9:30〜19:30(日・祝)
             定休日 木曜

 メールでのお問い合わせ      ⇒ インターネットで予約


京都 整体・操体 あかとき庵 地図


整体・操体 あかとき庵
小松 広明

トップページへ ― 整体Q&A ― 整体施術の流れ ― 整体料金

営業案内・地図 ― ご予約 ― 整体口コミ体験談 ― 他院との違い

ワークショップ ― 操体・操体法とは ― プロフィール  ― 無料メルマガ



肩こり・首こり専門ページ
京都 整体・操体あかとき庵の
肩こり、首こり専門ページです。
あなたが肩こり・首こりでお悩み
なら、まずこのページをご覧くだ
さい。

頭痛専門ページ
京都 整体・操体あかとき庵の
頭痛専門ページです。
薬にたよらず頭痛を改善したい人はこのページをご覧ください。

子どもの整体専門ページ
京都 整体・操体あかとき庵の
子どもの整体専門ページです。
子どもの肩こり、頭痛、ゆがみで
お悩みの方はぜひご覧ください。

からだのお役立ち情報を配信!!

症例集

からだのお役立ち情報を配信!!

バックナンバーページへ

京都 整体・操体 あかとき庵 小松広明

 INFORMATION


〒605-0813
京都市東山区松原通大和
大路東入る2丁目轆轤町
(ろくろちょう)86-8


TEL.075-708-6146

あかとき庵 小松 広明


京都 あかとき庵来院エリア

京都整体・操体 あかとき庵は京都府、関西圏を中心に多数の方にご利用いただいております。

京都府京都市東山区、左京区、下京区、山科区、南区、
上京区、北区、中京区、
右京区、西京区、伏見区、
宇治市、木津川市、京田辺市、京丹後市、長岡京市、
南丹市、舞鶴市、向日市、
八幡市。
大阪府、兵庫県、滋賀県、
奈良県、和歌山県。

関西圏以外のエリアは、
沖縄県、福岡見、徳島県、
香川県、島根県、愛知県、
三重県、岐阜県、神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県、
宮城県、北海道。


海外からはアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、コロンビア、フランス、
イタリア、スペイン、オランダ、スイス、フィンランド、ドイツ、イスラエル、台湾、韓国、中国、他にも多数、
海外の方々がご利用くださりました。

       

知っておこう!!
生活習慣と症状との関係