揉みかえしと好転反応のちがいとは?

揉みかえしのない整体をお探しのあなたへ。あなたは揉みかえしの事実をご存知ですか?もしあなたが、「マッサージやリラクゼーションに行ったあと、すごく身体が痛くなる・・・」とお悩みなら、この記事をお読みください。

あなたは揉みかえしと好転反応のちがいをご存知ですか?

こんにちは。 京都 整体・操体 あかとき庵の小松です。
「マッサージやリラクゼーションに行ったあと、すごく身体が 痛くなるんですよ・・・」 先日、はじめて整体を受けにいらした方のお話です。

この痛みはおそらく揉みかえしによるものです。

あなたは揉みかえしとは何なのかご存知ですか?

これは知っておくといい情報なので、ぜひお読みください。
ではさっそく行きますね。

揉みかえしのメカニズムとは?

揉みかえしとは、強い刺激で筋肉がキズついたときにでる痛みです。

筋肉は、筋線維という細い繊維状の筋が束になってできています。
それを筋膜という袋状の膜がつつんでいます。

コリのある筋肉を強く揉むと、筋膜がやぶれ筋線維がさけます。
この時、コリがゆるむので気持ちよく感じるのですが、残念ながらそれは一時的なものです。

筋膜と筋線維がきずついているので、揉みかえしによる痛みが出てきます。

これが揉みかえしのメカニズムです。

さらにやっかいなことに、きずついた筋肉が再生されるときは、以前よりかたくなってしまいます。

すると感覚がにぶくなり、どんどん強い刺激がほしくなります。
だけどそのたんびに、筋肉はますますカチカチにかたくなっていきます・・・。

これが揉み返しによる悪循環です。

なぜ当院では力まかせな刺激をあたえないのか?

このような揉みかえしのシステムを知っているので、当院では筋肉をきずつけるような刺激をからだにあたえません。

コリを確認する検査も、ソフトなタッチで的確にコリに命中するよう触れています。

それでも充分、受けている人も僕もコリを確認できるからです。

コリの検査時、飛び上がる方がいらっしゃいますが、けっして力まかせに押さえているわけではないんですよ(笑)

そして当院の施術内容はソフトに感じる方が多いです。

なぜなら、からだに不必要な刺激をあたえたくないからです。

一般的に、筋肉や骨は強い力でないと動かないと思っていらっしゃる方がまだまだ多いです。

事実、僕も整体の世界に入る前はそう思っていました。

しかし身体は、繊細な刺激でもちゃんと反応してくれます。

むしろ繊細な刺激の方が、脳にしっかりと信号を送れることが多々有ります。

意外かもしれませんが、繊細なタッチの方が、強いタッチよりもはるかに技術的にはむずかしいのですね。

僕が整体を勉強しはじめたばかりの頃は、どうしても手に力が入ってしまったものでした。

だから、やさしいタッチができる手を育てつづけてきたんですね。

揉みかえしと好転反応のちがい

このような理由から、当院の整体は「揉みかえし」がありません。

しかし整体後、からだがだるくなったり、痛みを感じることがたまにあります。

それは好転反応とよばれる反応のためです。

好転反応とは、からだが新しいバランスになじもうとするときにおこる、「バランス回復反応」です。

これは揉みかえしとはちがいます。

好転反応は、
・眠くなる
・尿や便がいつもよりたくさん出る
・海で泳いだあとのような気だるさがある
・にぶっていた感覚がするどくなり、患部や別のところが痛む
・おさえていた感情があふれ出てくる

などがあります。

傾向としては、慢性的に心身のストレスがたまっている人の方が強く好転反応がでやすいです。

心身のストレスが軽減され、症状が改善してくると、好転反応もそこまで強く出なくなるようになります。

もし好転反応がおきても、遅くても3日以内にはおさまりスッキリとしてくることが多いです。

どうでしょうか?
「揉みかえし」と「好転反応」とのちがいはおわかりいただけましたか?

もし、あなたが揉みかえしのない整体をご希望なら・・・

当院の整体は、あなたに揉みかえしがおこらないように配慮をしています。

そのため、むやみに強くもんだり、はげしい矯正をすることはしていません。

なので、刺激の強い整体やマッサージを受けたい人には、当院の整体はオススメしません。

しかしもし、あなたが揉みかえしのない整体をお探しで、ご自身のお身体を根本的に改善したいと思っているのなら、当院に一度ご相談ください。
TOP
contact

あかとき庵

京都東山の整体 操体 あかとき庵 
〒605-0813 京都市東山区轆轤町86-8

075-708-6146
営業時間 9:30~17:30 木曜日定休